洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法はある?

洗濯しようと思っていたのに雨が降ってきた…

誰もがこんな経験、あると思います。

皆さんは雨の日の洗濯、どうしてますか?

浴室乾燥機などがついていれば解決ですが、ついていない方も多いと思います。

そういう時は洗濯物を部屋干しするしかないですよね。

しかし、雨の日の洗濯は乾かないし、生乾き臭がするしで問題だらけです。

洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法なんてあるのでしょうか?

今回は、「洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法はある?」と題して、洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法をご紹介していきたいと思います!

洗濯物が早く乾く条件

まず、洗濯物はどのような条件が揃っていたら早く乾かすことができるのでしょうか?

洗濯物を早く乾かすためには、いくつかの条件がありました。

  • 温度
  • 湿度
  • 空気の循環

 

洗濯物が部屋干しだと早く乾かない理由は?

なぜ洗濯物を部屋干しすると、なかなか乾かないのでしょう。

天日干しより部屋干しの方が乾きにくい理由は何なのでしょうか?

洗濯物が早く乾く条件と、やはり繋がっていました。

 

洗濯物が部屋干しだと早く乾かない理由①日光が当たりにくい

天日干しと比べると当たり前ですが、部屋干しは天日干しより日光が当たりにくいことが原因の1つです。

洗濯物に日光が当たることで、洗濯物の温度が上がり、含んでいる水分が蒸発しやすくなります。そうなると洗濯物が乾きやすくなりますね!

しかし、部屋干しは日光が当たりにくいので洗濯物の温度も上がりにくく、乾きにくくなってしまいます。

この原因で考えると梅雨は洗濯物が乾かないわけです。雨の日は日光が出ていません。致命的ですね…

皆さん、天日干しの時は日当たりの良い場所に干すことを意識していると思いますが、部屋干しの時も意識できているでしょうか?

室内なので日光が当たりにくいのは仕方ないですが、なるべく日光が当たりそうな窓側に干すのが良さそうですね!

 

洗濯物が部屋干しだと早く乾かない理由②湿気が多い

湿気が多いことも、部屋干しだと洗濯物が早く乾かない原因の1つです。

外で洗濯物を干すと、濡れた洗濯物から蒸発した湿気を逃がす事ができます。

しかし部屋干しの場合は、蒸発した湿気が逃げ場を失い、その結果、湿気がこもってしまいます。そして空気中湿気だらけなせいで洗濯物が乾きにくくなってしまうということです。

部屋干しの場合でも、外と同じようにとまでは難しいかもしれませんが、換気扇をつけたり、できるだけ湿気がこもらないようにしたいですね。

 

洗濯物が部屋干しだと早く乾かない理由③風がない

部屋に風がなくて当たり前ですが、こちらも洗濯物が乾きにくくなる原因の1つです。

天日干しだと外なので、風が吹くことで空気の循環が行われ、洗濯物に含まれた水分が蒸発しやすくなります。

しかし、部屋干しの場合は基本風が吹くことはないですよね。そのため、洗濯物の水分が蒸発しにくくなってしまいます。

部屋の中に勝手に風が吹いてくる、なんてことはないので、窓を開けて風が入るようにするか、扇風機などで風を起こして空気の循環をさせましょう!

 

洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法

天日干しの方が早く乾くことはわかりますが、どうしても外で干せないこともありますよね。

雨だったり、冬の寒い時期だったり、女性の一人暮らしで外に洗濯物を干さないようにしている場合もありますね。

そんな時、部屋干しでも洗濯物を早く乾かす方法5選です。

洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法①エアコンや換気扇を使う

エアコンや換気扇で除湿をする方法ですね。

エアコンを使用する場合は、基本はドライ(除湿)モードにして、そのエアコンの下に洗濯物を干すのがおすすめです。

ドライ(除湿)モードは、冷房モードと違って温度ではなく湿度を下げる効果があるので、洗濯物から蒸発した水分を取り除いてくれます。

しかし、冬など気温の低い季節はあまり除湿効果が出ず、乾きにくいままなこともあるようです。

その場合はドライ(除湿)モードではなく暖房モードで温度を上げたほうが乾きやすくなる可能性があります。

季節によって使い分けてみるのもいいですね。

エアコンだと電気代が・・・という方は換気扇をつけてみるだけでもだいぶ効果があるので試してみてください。

 

洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法②洗濯量を減らす

一度に洗濯する量を減らす、という方法もあります。

洗濯する量自体を減らしてもいいですが、干す場所が確保できる人は、干す場所を分けたり、洗濯物同士をなるべく離すようにしましょう。

洗濯物を半分ずつ部屋を分けて干してみたり、洗濯物同士の距離を10センチ以上開けてみてください。

また、洋服の前と後ろの生地がくっついてしまわないように、太めのハンガーを使うのもいいですね。

 

洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法③扇風機を使う

風のない部屋に、扇風機で風を作り出しましょう!

干した洗濯物の下から、部屋全体に向かって首振りさせるのがおすすめです。

エアコンとダブルで使うとさらに効果的ですね。

エアコンの下に洗濯物、その下から扇風機を当ててみてください。

 

洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法④除湿機や新聞紙を使う

干した洗濯物の下に、新聞紙を敷くか、除湿機を置く方法です。

洗濯物を干したら、干した洗濯物の下にクシャクシャにした新聞紙を置いて除湿します。

除湿機がある人は普通に除湿機で除湿するのもいいですね。

コスト削減したい方は新聞紙を使う方法が、コストもかからず簡単でおすすめです。

 

洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法⑤バスタオルを使って脱水する

洗濯物を干す前に行う方法です。乾いたバスタオルで脱水します。

方法は、洗濯が終わったら、洗濯物は取り出さずにフタを開けます。

フタを開けたら乾いたバスタオルを投入して、もう一度脱水にかける。

洗濯1サイクル+脱水ということですね。

大きめの乾いたバスタオルと脱水することで、洗濯物の水分をバスタオルが吸収し、干した後の乾燥時間を短くすることができます。

 

洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法はある?まとめ

部屋干しでも洗濯物を早く乾かす方法をいくつかご紹介しましたが、冒頭でも説明したように、洗濯物が乾くには温度・湿度・空気の循環といった3つの条件があります。

そのため、ご紹介した方法の中から2つ、3つ、同時に行うことでさらに洗濯物は早く乾きやすくなると思います。

ぜひいくつかの方法を同時に試してみてくださいね!

また、天気や湿度、風の有無によっては、天日干しよりも部屋干しの方が乾きやすい場合もあるようです。

その日の気候や気温などを見ながら外に干すか室内に干すか、どの方法を使うか、判断してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました